ナラティブセラピー入門(ワークショップ)~ホワイト・エプストンモデルを学ぶ~(2014年度MEDI心理臨床研修会11月8日(土)) 

ナラティブセラピー入門(ワークショップ)~ホワイト・エプストンモデルを学ぶ~
2014年度MEDI心理臨床研修会11月8日(土)

以下の日時で「ナラティブセラピー入門(ワークショップ)」を行います。

日時:2014年11月8日(土)10時~16時(予定、休憩1時間、計5時間)

講師:坂本真佐哉先生(神戸松蔭女子学院大学)

受講料:一般10,000円、院生・医学部5年生以上:8,000円

参加条件:臨床心理士あるいはその他対人援助職に就かれている方、臨床心理士以外の対人援助に関する資格を持っている方、それを目指すトレーニング下にある大学院生、あるいは医学部の5年生以上。

場所:大阪市内予定(決まり次第、本ポータルサイトもしくは参加予定者にメール)

内容:
(坂本真佐哉先生より)
ナラティヴと名がつくと、何だか難しいとか、具体的に何をしたらよいのかよくわからないという印象を持っている方が少なくありません。しかし、オセアニア由来のナラティヴセラピーには、外在化する会話に代表されるように、クライエントを責めることなく援助を進める具体的な方法があります。クライエントに敬意をはらい、問題の原因をクライエントの内面に求めない姿勢で、問題に対抗しうるクライエントのよい面に注目しながら共に新たなストーリーを探索していきます。

ワークショップでは、外在化する会話の展開はもちろん、独特のプロセスによって会話を重ねることがストーリーの書き換えにつながっていくということを体験的に学べるように進めていきます。

予備知識は問いません。クライエントを責めずに敬意をはらうためのしくみといっても過言でない、ナラティヴセラピーの会話術について共に学び、明日からの臨床に役立てましょう。

早速お申込みの方は、こちらまで↓  ↓  ↓

http://ws.formzu.net/fgen/S12391768/