Monthly Archives: 7月 2018

[ナラティヴ・セラピー]2018年David Epston来日ワークショップ開催決定!

日本でのナラティヴ・セラピーを一(いち)から思い描いてみる

〜質問をするという行為における「型」と、
守破離の心得〜

【ワークショップの日時場所等の詳細について】

日時 2018年10月6,7,8日(土日祝)10時〜17時(途中休憩あり)
場所 TKP大阪難波カンファレンスセンター (8A会議室)
講師 David Epston、石河澄江(アシスタント兼通訳)
定員 100名程度
料金 (早割)40,000円/(一般)50,000円(3日間)
           (学割)15,000円 (博士課程を除く大学院修士課程の学生)
*ワークショップの性質上、2日間以上ご参加ください。
申込期間 2018年7月28日(土)〜定員が来次第締切予定。
(早割期間〜8月31(金)まで ⇒ 
早割期間〜9月30(日)まで ⇒延長しました!)

お申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S80045162/

【講師】
David Epston(デイヴィッド・エプストン)
Michael White(マイケル・ホワイト)の盟友でナラティヴ・セラピーを創始した。「物語としての家族(共著,1990 小森訳, 2017)以来、著書も多数で世界で教えている。最近の共著書に「Narrative therapy in Wonderland: Connecting with Children’s Imaginative Know-how(2017)」などがある。2017年3月に初来日ワークショップ(東京渋谷)を行い今回2回目の来日。

石河澄江(Sumie Ishikawa)
 福岡県北九州市で生まれ育つ。カナダで、ソーシャルワーカー・カウンセラーとして働きながら、社会の排除構造の中で繰り返し排除される人たちを支援する中で、「これ以上希望がすり減らない関わり方はないのだろうか」と疑問を抱き始めていた最中に、ナラティヴ・セラピーと出会い心惹かれる。Victoria大学にてポストモダン・ソーシャルワークを学び、Melbourne大学の大学院にてナラティヴ・セラピーを学ぶ。12年間のカナダ生活を経た後、2015年に北九州へ戻り、自身のカウンセリングルーム、心療内科、NPO団体などでナラティヴ・セラピーの実践を続けている。

【David Epston先生からのメッセージ】
「私たちは、理論によって見立てることからではなく、質問するということから取りかかっていきます。(中略)まず当事者の興味関心を惹きつけ、次に当事者の好奇心を刺激すれば、その人は自身の人生に魅了される事でしょう」(2004年9月)これは、マイケル・ホワイトの言葉です。ある人は、ナラティヴ・セラピーのインタビューの事を「まるで相手のもつ魔法の力を発見して引き出すかのようだ」と表現してくれました。既に1989年の時点で、このような質問アプローチがナラティヴ・セラピーに不可欠であるという認識は広まりつつありましたが、当時のマイケルは早くも、ナラティヴ・セラピーは「文学的価値のあるセラピー」とも言えるのではないかと考えていました。これは最近(2017年)、私がナラティヴ・セラピー実践における「詩(的要素)と美の追求」と言い表したものにも通じるかと思います(Epston, D.)。

ナラティヴ・セラピーの実践力を身に付けるにあたって、私が皆さんに大切にしてほしい要素は、どうやら古くから日本にある知恵にも通じるようです。

:質問づくりの基盤となる「型」を徹底的に身に付ける。
:学んだ「型」以外の要素も取り入れながら試行錯誤を繰り返し、「質問をする」という行為に纏わる「知恵・技術・こころ」に更に磨きをかける。
:「守」・「破」を極めてこそ初めて「型」から離れ、その場で自然と生まれたアイデア・直観・心の動きに呼応した独自性も体現する。

今回のワークショップでは、実例・実演を通して、これらの要素を皆さんに感じて頂き、その都度丁寧な説明を加えていきたいと思っています。

また、「質問をする」という行為を通して『詩と美を追求』するとは一体何を意味するのかというテーマを、少しでもわかりやすく伝えるために、今回は、私の逐語録に加えて、日本人ナラティヴ・セラピストSumie[i]の逐語録も使って、丁寧な逐語検討を行うことにしました。Sumieの逐語録は、現実に日本で起こっている問題や会話を題材としているので、日本語で表現されたナラティヴ・セラピーの心意気をより身近に感じてもらえるのではないかと思います。また、Sumieの逐語録の検討では、もしも私がこの瞬間のSumieの立場に置かれたら、、、と想定して(これはカナダで生まれ育ちニュージーランドで長年生活してきた私には体験しえない状況です!)私も質問を考えます。私のなかに流れるナラティヴの調べやリズムが、多様な質問たちをダンスに誘い出していく光景を一緒に楽しんでいただくことで、あなたのなかに流れるナラティヴが漏れ聞こえ、鳴り響いていくきっかけになればと願っています。

今世界中で、ナラティヴ・セラピストとして成長しつつある人たちの実践が、ナラティヴ・セラピーとして「正しい/間違っている」という二項対立の視点から判断・評価されてしまう現象が蔓延しつつあります。そこで、今回のワークショップでは、日本の実践者たちが同じ轍を踏み続けないための対抗策を投じたいという思いから、ひとつの会話に対して、あえて、私(David)バージョンとSumieバージョンの質問を並列させることにしました。ナラティヴ・セラピーの誕生に関わった私の質問も、私に比べて経験が浅いとも見られかねないSumieの質問も、クライアントにどう響くのかという点では、優劣つけようのない価値があるはずです。直線的な物差しでは測ることのできない、ナラティヴ・セラピー実践の多様性と無限の可能性を、皆さんと一緒に探求したいと思います。私は、何よりも、日本でのナラティヴ・セラピー実践が今後、日本特有の言語や文化に根差した形で、その多様さを祝福しながら発展していくことを願っています。

このワークショップの内容は、私とSumie、そして、快く相談に応じてくれた数多くの協力者との共同作業によって生まれました。そこには私たちの多様なアイデアや視点が凝縮されています。なぜ、私がこのような共同作業に拘るかというと、ナラティヴ・セラピーは、英米で生まれ育ち、英米特有の言語や文化に根差しているにも関わらず、その事実に十分な注意が向けられないまま、他文化圏へと「輸出」されるようになってしまったからです。このような現状に対抗するため、私は現在、アメリカ在住のコロンビア人ナラティヴ・セラピストMarcela Polancoと共に「南アメリカでのナラティヴ・セラピーを一(いち)から思い描いてみる」というプロジェクトに取り組んでいます。

私が今Sumieと一緒に取り組んでいるプロジェクトはその第2弾にあたり、このワークショップも志を同じくしています。Sumieは、英米文化の中でナラティヴ・セラピーを学び実践を重ねた文化的・言語的バイリンガルであると同時に、「西洋化」が非西洋人に植え付けうる特殊な感覚や文化的習慣についても鋭い観点を持ち合わせています。日本で今後、彼女や日本のナラティヴ・セラピー実践者たちが共に力を合わせて、この大プロジェクトに実りをもたらしてくれることを大いに期待しています。

今後の日本で、Marcelaの言う『知識の輸入の「フェアトレード」化』――輸出する側の言語や文化に対してではなく、輸入する側の言語や文化に忠実に、外来の知識を取り入れること――を実現していくには、日本の地に根差したナラティヴ・セラピーの「知恵と技術と心」が必要となってくることでしょう。皆さんの根っこの部分に繋がったところから、日本のナラティヴ・セラピーが「改めて/新ためて」紡がれてゆくことを心から願い、今回のワークショップを心待ちにしています。
<共同翻訳:石河澄江、長田誠司>

 

 

結婚、仕事、家庭…あなたの「ストレス度」を診断

ライフイベントにはストレスがつきもの

最近、ストレスがたまっていますか? 人はどんなときにストレスを感じやすいのでしょう。

1960年代後半にアメリカの心理学者、ホームズとレイが約400人の男女の回答をもとに、「社会的再適応評価尺度」というデータを作成しました。これは結婚を50点とした場合、他のストレスは何点になるのかという差異を評価したデータで、心理学理論のなかでよく登場します。まずは上位10位から見ていきましょう。

1位 配偶者の死 100点
2位 離婚 73点
3位 夫婦別居生活 65点
4位 拘留や刑務所への留置 63点
5位 家族の死 63点
6位 自分のけがや病気 53点
7位 結婚 50点
8位 解雇・失業 47点
9位 夫婦の和解・調停 45点
10位 退職 45点

「結婚」を基準にすると、「配偶者の死」は2倍のストレスになります。この上位10位のなかでは、半分が結婚や夫婦生活にかかわるライフイベントであり、パートナーとの別れに関する項目が上位3位を占めています。夫婦のパートナーシップを重んじる米国文化ならではの結果かもしれませんが、家庭を持つ人にとって夫婦関係は人生の要でもあり、この関係性が崩れると何よりも大きな打撃となることが分かります。

ハッピーな出来事でもストレスはたまる

では、11位以下の出来事はどんなことなのでしょう。20位までを見てみましょう。

11位 家族の健康上の大きな変化 44点
12位 妊娠 40点
13位 性的な障害 39点
14位 新しい家族ができる 39位
15位 ビジネスの再調整 39点
16位 経済状態の変化 38点
17位 友人の死 37点
18位 仕事の変更 36点
19位 配偶者とのけんかの数 35点
20位 1万ドル以上の借金 31点

11位以降は夫婦(男女)の関係、家庭の問題、仕事やお金の変化など、さまざまなライフイベントが登場してきます。さらにこれに続く順位では、家庭と家族の問題、仕事や労働条件の変化、環境や活動の変化、学業における変化、生活習慣の変化など多岐にわたっていき、ライフイベントも小さなものが増えてきます。

この評価尺度で注目したいのは、7位の「結婚」、12位の「妊娠」や14位の「新しい家族ができる」のように、一般的にめでたく幸せなことでも、ライフイベントが大きいとストレスも高くなることです。つまり、毎日が変化に富んで楽しく、愛情にあふれた生活を送っているとしても、ライフイベントが大きいと、本人も気づかないうちにストレスをためやすくなっているということです。

ライフイベントが重なると健康にも影響が

また、いくつものライフイベントが重なると、心身の健康が崩れ、病気になるリスクも現れます。この評価尺度では、1年の間に合計200点から299点までのストレスに遭遇すると50%の人に、300点以上では80%の人に、翌1年間に心身の健康障害が現れるとされています。

たとえば、結婚(7位、50点)後に引っ越し(32位、20点)をし、妊娠(12位、40点)した。それを機に退職し(10位、45点)、生活条件が変わった(28位、25点)。家庭の経済状態も変化し(16位、38点)、苛立ちが募って配偶者とのケンカが増えてしまった(19位、35点)というケース。

よくある例ですが、こうしたケースでも実は合計すればストレス度は253点にもなり、この評価尺度では2人に1人が健康障害に陥るということになります。1年という短い間に結婚、引っ越し、妊娠、退職という大きなライフイベントが重なり、生活や経済状態も変化するのですから、幸せでも受けているストレスは非常に大きいということです。

または、仕事を解雇されて失業し(8位、47点)、家計が苦しくなった(16位、38点)。住宅ローンを返却できず家を手放し(21位、30点)、引っ越しをした(32位、20点)。その後、新しい仕事を見つけて職についたが(18位、36点)、労働条件が変わり(31位、20点)、上司ともそりが合わない(30位、23点)というケース。

こうしたケースも最近増えていますが、合計すると214点となり、こちらもこの評価尺度では2人に1人が健康障害になると考えられます。歴史的な大不況、震災の影響、企業の海外移転などで職や家を失い、新しい仕事が見つからない、仕事につけてもなじみにくさに苦しんでいる人は多いと思います。このように、自らの努力では解決しにくい問題を抱えると、心身の健康リスクは高まってしまいます。

この評価尺度は半世紀近く前の米国の調査によるものであり、現代の日本人の価値観には合わないかもしれません。したがって、この評価尺度をそのまま鵜呑みにすることはできません。

とはいえ、何らかのライフイベントが起きたときには、それに付随して環境やライフスタイル、経済状態が変わっていくものです。すると、パートナーや家族との関係にも影響が現れ、家庭という人生の基盤と健康を失うリスクも高まるということは今も昔も言えそうです。また、大きなライフイベントを経験すると興奮が続き、ストレス状態に気づきにくいものですが、自分が感じる以上にストレスはたまっています。適度に休養をとる、気分転換をするなどして、ストレスの解消を心がける必要があります。
(文:大美賀 直子(精神保健福祉士・産業カウンセラー))

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0716/aab_180716_6717611318.htmlより転載

新幹線のぞみ車内殺人事件の犯罪心理学:「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」

「むしゃくしゃして」「だれでも良かった」。人は心が傷つき、思うようにならない時に、怒りに我を忘れ、感情が暴走する。

■東海道新幹線<のぞみ>車内で3人切られ1人死亡 凶器はナタ 「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」

新幹線の車内で殺人事件が発生しました。

9日午後9時50分ごろ~東海道新幹線「のぞみ265号」内から「人が刺された」との110番~小島一朗容疑者(22)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕~刺されたのは3人とみられ~男性1人は意識不明の重体だったが搬送後死亡した。他の女性2人は重傷の模様。

出典:東海道新幹線<のぞみ>車内で3人切られ1人死亡 凶器はナタか:毎日新聞6/9 

男は「新幹線の中で殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認め、調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。

出典:「むしゃくしゃしてやった」新幹線3人死傷、容疑認める:朝日新聞6/10

新幹線3人殺傷 死亡男性、凶行を止めに入り犠牲になった可能性も 目撃者ら証言:朝日新聞6/10(日) 1:32

■「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」

「むしゃくしゃして」は、凶器を用意し殺害を考える動機としては、常識的には考えられないことでしょう。

今までの犯罪例では、犯行のしばらく前から人生が上手くいかなくなり、自己否定の思いが高まり、さらに社会全体を否定する思いが強くなります。そのような自暴自棄の思いでの生活が続く中、何かのきっかけでイライラが極度に高まって犯行に到った時に、彼らはしばしば「むしゃくしゃしてやった」と表現します。

「誰でもいいから殺したかった」などと無差別で多数の人に危害を加える人は、すでに自分の人生や生活も大切にできなくなっています。だから、大勢の目撃者の前で犯行を実行し逃亡も考えません。

■鉄道にも手荷物検査が必要?

こんな事件が発生すると、鉄道にも飛行機なみの手荷物検査が必要だとの意見が出ます。諸外国では、高速鉄道に乗る際に手荷物検査が行われている国もありますが、飛行機ほどに厳密には行っていないようです。

また専門家の試算によると、乗客一人当たり500~1000円の費用がかかるとされています(新幹線で手荷物検査はできる?専門家がコストを試算:BLOGOS)。しかし、列車は飛行機とは違い大きな荷物も全て車内に持ち込みますし、通勤電車なみの過密ダイヤを考えると、手荷物検査は難しいように思えます。

日本では、毎日6000万人が鉄道を利用しています。世界的な視点から見れば、鉄道テロは現実的な脅威であり、国土交通省も対策を検討しています(国土交通省/鉄道のテロ対策)。

ただ、テロではない個人による突発的な犯罪になると、対策はなおさら難しいでしょう。

■新幹線内の殺人事件

2015年に、新幹線車内でガソリンをまき火をつけた事件が起きています。容疑者は71歳の男性。当時の報道によると、男は自殺を決意し、計画的に新幹線の車内で焼身自殺を図り、周囲が巻き込まれても構わないと考えて油をまき火をつけたとされています。この男と乗客の女性が死亡。28人が重軽傷を負いました。所轄の神奈川県警は、殺人(未必の故意)と現住建造物等放火容疑を適用しました。

この男は、「年金が少ない。年金基金の前で首をつってやる」と繰り返し話していました。

自殺したい思いで周囲の人もあえて巻き込むような行為を、「拡大自殺」と呼んでいます。また、焼身自殺は多くの場合、強い抗議の意味を込めた自殺と言われています。

■若者による乗り物内殺人事件

2000年に発生した当時17歳の少年によるバスジャック事件があります。女性一人が、刃渡り約40センチの牛刀で殺害され、他の乗客も15時間半にわたって人質にされました。

当時の報道によると、この少年はもともと優等生タイプでしたが、いじめを受けたことから、家庭内暴力を起こし、孤立していく中でネット上でもバカにされてますます不安定になり、親によって不本意に精神科に入院させられます。彼は親に捨てられたと感じ、劣等感と孤立感を深め、目立ちたい、親を心配させて関心を引きたいという思いの中で、事件を起こしました。

逮捕後の精神鑑定で、解離性障害(自分が自分であるという感覚が失われている状態)と診断され、医療少年院に入所しました。

■「むしゃくしゃしてやった」:無差別殺人事件を予防するために

「むしゃくしゃ」を国語辞典で見ると、1.不愉快で、腹立たしい気持(様子)。2.乱れて整理がつかないさま。むちゃくちゃ。とあります。

腹立たしい、怒りの感情は、二次的感情と言われています。多くの腹を立てている人は、傷ついている人です。勉強や仕事や人間関係がうまくいかず、傷ついた人が、怒りを爆発させ、乱暴な行為で物や人を傷つけ、時に自分自身を傷つけます。

私たちも怒ることはありますし、怒り自体が悪いわけではありません。怒りがなければ、社会悪とも戦えないからです。しかし、怒りに我を忘れてはいけません。しかし、むしゃくしゃしている人は、頭の中が混乱して整理がつかなくなっています。暴力暴言が抑えられなくなることがあります。先のことを考えられなくなることもあります(「むしゃくしゃ」「イライラ」防止の心理学:Y!ニュース有料)。

犯罪防止のためには、ある意味「打算的」になる必要もあります。この社会の中でできるだけ楽に楽しく暮らしたいと思えば、割に合わない犯罪は防ごうと自分でも思えるでしょう。そんな計算すらできない状態で、人は突発的な破壊行動を起こします。

テロも、無差別大量殺人も、本当は全ての若者が希望を持てる社会にすることこそが、最大の防止策なのですが。

https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20180610-00086272/ より転載

 

★埼玉県★臨床心理士募集(正社員、パート)

【募集内容】
業種 放課後等デイサービス・児童発達支援事業
募集職種  臨床心理士
パート・バイト 時給1,200円〜1,500円
正社員 210,000円~300,000円 (別途、送迎手当、資格手当、処遇改善手当など有り。)

住所 埼玉県川口市里573-1
アクセス 埼玉高速鉄道線 新井宿駅から徒歩で16分
埼玉高速鉄道線 鳩ヶ谷駅から徒歩で20分

特徴 未経験可、社会保険完備、車通勤可、残業ほぼなし、交通費支給、扶養控除内考慮、新卒可、自動車運転免許必須、研修制度あり

前職でのご経験・お給料も十分に考慮させていただきます!
正社員またはパート等の勤務形態、勤務開始日やその他のご希望も柔軟に対応させていただきますので、よろしければ、ぜひ一度見学および面談にお越しください。

現在ほとんどの従業員が車通勤をしております。車通勤も可能です。
やりがいのある、働きやすい職場だと思いますので、よろしければぜひ見学・面接にいらしてください!

ご不明点などがございましたらお気軽にご連絡ください。
ご応募を心よりお待ちしております。

ソレイユ こどもプラス川口里教室  【 http://soleil-kodomoplus.com/ 】
採用担当 椎名 
080-7749-3751