Monthly Archives: 9月 2017

会話中に“テーブルの上に手を乗せる”と信頼感が増す理由

なんとなく信頼できる印象を与える人と、そうでない人。心理学的な観点からみて、両者にはどのような違いがあるのだろうか?

会話をするときにテーブルの上に手を乗せること自体も、相手に好意を抱かせる。なぜなら、文字通り「手の内を明かす」ことにつながるからだ。「手の内を明かす」は、秘密を明かす、正直になるという意味の慣用句だ。一方、「手の内を見せない」は、隠し事をしていること。事実、手が見えないと相手は不安な気持ちになる。
yahoo ニュースより転載

閉じ込め症候群のまひ患者、新技術で意思疎通「今は幸せ」

運動ニューロン変性疾患が原因で体が完全にまひした患者と意思疎通を図る方法を国際研究チームが発見した。研究論文がこのほど発表された。研究チームによると、患者らはみな「今は幸せ」であることを伝えたという。

2017年1月31日付のオンライン科学誌プロス・バイオロジー(PLoS Biology)に発表された研究論文は、完全な「閉じ込め」症候群の患者4人に基づくものだ。閉じ込め症候群では、運動に関与する神経系の一部を破壊する筋萎縮性側索硬化症(ALS)が原因で、患者は体を全く動かせない状態となる。

研究で対象となったのは、まばたきや目を動かすこともできず、人工呼吸器の助けで呼吸している患者ら。

研究チームは今回、脳の酸素濃度を測定する非侵襲的な脳‐コンピューター間インターフェース(Brain-Computer Interface、BCI)を用いて患者との意思の疎通を図った。質問への回答は、患者の「はい」か「いいえ」の思考をBCIを通じて検知した。検知の精度は約70%に上ったという。

質問の一部には、女性に夫の名前が合っているかを尋ねるものや、「フランスの首都はベルリンか?」といった単純な内容のものも含まれていた。娘がボーイフレンドと結婚するべきかどうかを尋ねられた男性患者は、10回中9回「いいえ」と答えた。

また、「あなたは幸せですか」との質問に対しては、それぞれ「はい」と返答した。数週間に及んだ調査期間中、この返答は一貫していた。

論文の主執筆者で、スイスのビース・バイオ神経工学センター(Wyss Center for Bio and Neuroengineering)のニールス・ビルバウマー(Niels Birbaumer)教授は「完全な閉じ込め状態の患者4人に生活の質(クオリティー・オブ・ライフ、QOL)について尋ねた際の肯定的な返答には当初、驚かされた」と話す。そして、「4人はみな、呼吸ができなくなった時点で、生命維持のための人工呼吸器の装着を選んでいる。そういった意味では、彼らは既に生きることを選択している」と続けた。

同様の症状がみられる患者をめぐっては、BCIを使うための目標指向型の思考ができないため、コミュニケーションを図ることができないと、研究者らの間ではこれまで考えられていた。

しかし、今回の研究結果を受けて「完全な閉じ込め症候群の患者はコミュニケーション能力が失われているとする私自身の説は、今回の驚くべき結果によって覆された」とビルバウマー教授は語る。

そして、「4人の患者はみな、自身の思考だけを使って、尋ねられた個人的な質問に返答できることが明らかになった」「この研究結果をさらに多くの患者で再現できれば、運動ニューロン疾患患者が陥る完全な閉じ込め状態で有用なコミュニケーション手段を取り戻せるかもしれないと考えている」とも述べた。

今回の研究では、脳内の血液酸素化および電気的活動を測定するための技術として、近赤外分光法と脳波記録法(EEG)とを採用した。

一部のまひ患者との意思疎通を助けるBCIは他にもあるが、目の動きが必要となるものがその多くを占めている。

今後は、ALSに起因するまひ状態の患者の他、脳卒中や脊髄損傷の患者など、この技術がより広い範囲に適応可能かを検証するための研究が重ねられる予定だ。

AFPより転載

 

★東京都★ 臨床心理士募集

~町田心療クリニック・臨床心理士募集~

町田心療クリニックは、小田急町田駅近くにある精神科・心療内科クリニックです。
精神分析的心理療法を中心とした治療を行っています。
治療方針については、当院のHPをご参照下さい。

また当院では、臨床心理士を対象に定期的なミーティング・ケースカンファレンス・個人
スーパービジョンの機会の提供等、教育研修的なプログラムも用意しています。

この度、来春から非常勤で勤務していただける臨床心理士を募集致します。
誠実で意欲的に取り組んでいただける方を求めています。
応募条件は以下の通りです。
現時点で条件を満たさない場合でも、遠慮なくご応募下さい。検討させていただきます。

*2018年4月より、週1~2日の勤務(水~土。応相談)。
*個人スーパービジョンを受けつつ、精神分析的心理療法を行った経験が1年以上ある。
*ロールシャッハテスト・バウムテスト・SCT等の心理検査が実施できる。

履歴書(写真貼付)にスーパービジョンなどの研修歴に関する説明書を添えて、郵送にて
ご応募下さい(2017年11月30日必着)。追って面接日時及び選考方法を連絡致します。
尚、給与は14,000円~/日、交通費も支給致します(~1,200円/日)。
詳しくは当院HP 「お問い合わせ」ページより担当者(野中)までお問い合わせ下さい。http://www.machida-mhcl.com/

【研修会】和歌山県でのトラウマケア入門研修会

【研修会】和歌山県でのトラウマケア入門研修会

2017年10月に和歌山県で、紀平省悟先生、福井義一先生によるトラウマケアの研修会が行われます。
トラウマケアにこれまで関わっておられなかった方にとってもわかりやすい内容になっています。

愛着、トラウマや発達、EMDRやTFT、ソマティック・エクスペリエンシングなどにご興味の少しでもおありの方はぜひどうぞ!!