Monthly Archives: 10月 2016

ナラティヴ・セラピーの権威, David Epston(デイヴィッド・エプストン)初来日!

【先行案内】2016年10月26日記事作成 2016年11月26日記事更新 2017年2月20日記事更新

 ナラティヴ・セラピーといえば、オーストラリアのMichael White(享年59歳)とニュージーランドのDavid Epstonのお二人が有名です。この度、Epston先生が非常にご多忙の中にもかかわらず、日本でワークショップを行うことを快諾してくださいました!Epston先生にとっては、日本にお越しになるのは初めてとのことです。72歳とご高齢のため、本当に「またとない機会」となると予想されます。みなさま、ぜひお誘い合わせの上お越しください。

場所:フォーラムエイト(渋谷)[ 東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7,予定]
定員:100名程度(予定) 日時:3月25日(土)、26日の2日間、10時〜18時[16時まで→18時までに延長となりました!]
料金:通常料金48,000円 *1日のみの受講も可能ですが、料金は2日間受講の場合と同じですので、ご了承のほどよろしくお願い致します。
お申込手続き:こちらのフォーム( https://ws.formzu.net/fgen/S40050863/ )に必要事項をご入力の上、以下の口座まで受講料金をお振込みください。 お申込み以外のお問い合わせはこちら info@medi-counseling.com
*フォーム送信後、お振込みをいただいた時点での予約確定となります。フォームだけの入力でもお振込みのみでも、いずれかのみでは予約確定とはならず、ご参加いただけませんので、ご注意ください。フォーム送信後、クレジットカード決済もお選びいただけるようになりました。
 

主催:一般社団法人国際心理支援協会
協賛:株式会社Cutting edge
後援:日本家族研究・家族療法学会    
 

David Epston先生のミニワークショップを大阪で開くことになりました。

思い切って軽く夕食付きで5000円にしました。
せっかく初来日でお越しいただくので、東京だけではもったいない!ということで、大阪ではミニワークショップを企画します。部屋が小さく定員少ないので早い者勝ちですのでご承知おきください。
 
タイトル:‘RE-IMAGINING NARRATIVE THERAPY IN 2017 (2017年において、ナラティヴ・セラピーを再考する)’
 
講師:David Epston
 
通訳・モデレーター:複数人(浅井含む)
 
場所:大阪市北区西天満6-2-14-602 一般社団法人国際心理支援協会 MEDI心理カウンセリング大阪内
 
日時:2017年3月23日(木)18時〜21時(22時など延長可能性あり)
 
定員:20名程度(部屋の都合上)
 
参加費:5,000円(税込み、軽い夕食込み)
 
お申込み:フォーム受付→銀行振込のみ。

主催:一般社団法人国際心理支援協会

【大阪府】臨床心理士募集

かねこクリニック
臨床心理士さん募集中です。
募集人員:1~2名、平成29年4月より
勤務時間:週2.3日、午前10時~午後7時
(常勤も合わせて募集しています)
業務内容:心理検査、プレイセラピー、SSTなど。
給与:日給12000円
募集期間・平成28年末まで(予定)
ご応募してくださる方、履歴書を送ってください。よろしくお願いします。
http://www.kaneko-cl.com/

【東京都】臨床心理士募集

町田心療クリニック臨床心理士募集

町田心療クリニックは、小田急町田駅近くにある精神科・心療内科クリニックです。
精神分析的心理療法を中心とした治療を行っています。
治療方針については、当院のHPをご参照下さい。

また当院では、臨床心理士を対象とした定期的なミーティング・ケースカンファレンス・個人スーパービジョンの機会を提供する等、教育研修的なプログラムも用意しています。

この度、来春から非常勤で勤務していただける臨床心理士を募集致します。
誠実で意欲的に取り組んでいただける方を求めています。
応募条件は以下の通りです。
現時点で条件を満たさない場合でも、遠慮なくご応募下さい。検討させていただきます。

*2017年4月より、週1~2日の勤務(勤務日は応相談)。
*個人スーパービジョンを受けつつ、精神分析的心理療法を行った経験が1年以上ある。
*ロールシャッハテスト・バウムテスト・SCT等の心理検査が実施できる。

履歴書(写真貼付)にスーパービジョンなどの研修歴に関する説明書を添えて、郵送にてご応募下さい(2016年11月30日必着)。追って面接日時及び選考方法を連絡致します。
尚、給与は経験者優遇(14,000円~/日)、交通費も支給致します(~1,200円/日)。
詳しくは当院HP 「お問い合わせ」ページより担当者(野中)までお問い合わせ下さい。

体が芯から奮い立つ! 錦織 イチロー 五郎丸が実践する「アンカリング」技術5

■結果を出し続ける人がしている「アンカリング」とは?

こうした例はみなさん心当たりがあるかもしれません。

「つい、忘れ物をしてしまう」
「いいことを聞いたのに、それを実践できない」
「悪いクセがやめられない」
「落ち込んだ時に気分を立て直せない」
「いい習慣が続かない」

今回はこのような日常の「あるある」場面で使えるひとつの技術「アンカリング」を紹介したいと思います。

1.よい「条件づけ」をすれば、いつでも引き出せる

アンカリングとは、心理学用語です。簡単に言うと、ある行動や心理状態を作り出すためのキッカケとなるものをつくることを言います。いわゆる条件づけです。

アンカーとは船を止めておく錨。

自分にとって好ましい行動や心理状態を自分の中の錨として持っておくことができればいつでも乗ることができるのです。すぐ動き出すことができるのです。

2.自分にとっていいアンカーを持つ

では、そのアンカーとなるものとは、どんなものか。例えば、映像、写真、言葉、音楽、動き、匂い、味覚などです。簡単にご説明しましょう。

【アンカー1 音楽】

オリンピック選手などアスリートは、最高のパフォーマンスを出すために心理状態をよくすることが結果を左右するポイントになります。

そのため、彼ら選手たちは、それぞれ勝負曲を持っていることが多いです。

体操の内村航平選手:AK-69『Flying B』
水泳の瀬戸大也選手:少女時代『Into The New World』
テニスの錦織圭選手:ONE OK ROCK『The Beginning』

この勝負曲というのはまさにアンカーです。

これらの音楽を聴くと気持ちが最高の状態になるように条件づけされているわけです。良い条件づけがアンカリングなのです。

勝負曲だけではなく、リラックスできる曲、心が浄化される曲、テンションが上がる曲など心の状態をつくるのに曲は、極めて有効的なアンカーになります。
gooニュースより転載

本当の自信を身につけるために試したい3つのこと

「なりたい自分になるためには、まずなったつもりで振る舞え」という言葉は、短期的成功には役立つかもしれませんが、それで辛い状況にもなり得るということが科学的に示されています。どんな分野であっても、やり始めた当初は、ある程度の虚勢が必要不可欠かもしれません。しかし、自分を装い続けるとなると、かなりの心の負担となります。

あなたが目的とすべきは、自信があるように見せることではなく、本当の自信がもてるようになることです。ではどうすればよいのでしょうか? 最近のTEDのブログで、心理学者のGuy Winch氏が、いくつかのパワフルな提案をしています。

1. アファメーション(自分に対する肯定的な声かけ)は適切に

ポジティブなセルフトークは大きな効果を発揮することが多いのですが、この手のアファメーションは気をつけないと失敗する、とWinch氏は説明しています。すでに自己肯定感がとても高い人なら、たとえば「絶対大成功する!」というような、自分を鼓舞する言葉を、自分にかけても問題ありません。

しかし、自分の価値を認められずに苦労している人が、そのような非現実的な大言壮語をしたら、おそらく裏目に出てしまうでしょう。そんな人は、自分にも現実味を帯びて聞こえるように、アファメーションの言葉を調整しましょう。たとえば「成功するまで頑張るぞ!」ならいいのでは、とWinch 氏は提案しています。

2. 友達に語りかけるように自分に語りかける

自信のない人は、他人には絶対に言わないようなきついことを自分自身に言ってしまいがちです。自分が短所だと思っていることを、内なる批評家がつついてきたら「もし大事な友達が同じような状況にあったら、自分はその人にどんな言葉をかけるかと自問し、その言葉を自分にかけましょう」とWinch氏は提案しています。

3. 書くことで自信を高める

自信が本当にぐらついているようなときは、もう少し突っ込んだ対策をとって、自分の良い部分を積極的に再認識する必要があります。そのためにWinch氏が勧めるのは、特定領域に関連する自分の長所をリストに書き出すことです。そして、毎日1項目について、なぜその特徴が重要なのかを、1~2段落ずつ書いていくのです。
自信のある人は他人にもやさしい

もう1つ言及しておきたい大事なことは、本当の深い自信を身につけると、自分がより幸せになったり、成功に役立ったりするだけでなく、いい人にもなれるということです。「人より”秀でたい”という欲求は、実は、自分の強みではなく、弱みから生じるものだ」というスマートな指摘もあります。

それは裏を返せば、人にやさしくし、相手の全体的な人間性をじっくり見ようとすることは、本当の自信から生じることであり、また、本当の自信を育てる手段でもあるのではないでしょうか。
livedoor’NEWSより転載

怒っている?外国語がキツく感じる心理学的理由

日本政府観光局の調査では、2015年の訪日外国人の数は約1,973万7千人に達したという。また、実感としてはオフィスにいる外国出身者の数も増えているように思える。こうした中、英語や中国語をはじめ、さまざまな外国語を耳にする機会も増えたのではないか。だが時々、「外国語ってなんだかキツイ……」と感じてしまうことがないだろうか。なぜ、そう感じてしまうのだろう? 心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■日本語と外国語の違い

外国語を聞いて「キツイ」と感じてしまう理由はなんだろうか。

「日本語は、比較的フラットに聞こえる言語ですよね。対して一部の外国語は、抑揚がはっきりしています。この違いが影響していると考えられます。日本人は抑揚のある外国語の刺激に慣れていないため、『キツイ』と感じてしまうのでしょうね。日本語が、静かで落ち着いたヒーリングミュージックだとすれば、一部の外国語は日本人にとってハードロックのようなインパクトがあるのかもしれません」(内藤先生)

確かに、日本語のプロであるアナウンサーやナレーターの声を聞くと、かなりフラットな話し方をしている。こうした言葉を聞き慣れている日本人が、抑揚の強い外国語を聞いて驚いてしまうというのは納得である。

■人間が持って生まれた性質とも関係がある

内藤先生によると、外国語をきつく感じる理由には、もう一つ要因があるという。

「個人差があるので、あくまで一般論として話します。電車の中などを見ているとわかるのですが、日本人は比較的小さな声で話す人が多いですよね。対して外国人は、大きな声で話すことが多い。つまり言語的な問題というよりも、単純に声の大きさが影響しているのだと考えられます」(内藤先生)

声の大きさが「キツイ」という心理に影響しているというのはどういうことだろうか。

「少しかわいそうなのですが、生まれたばかりの赤ちゃんの前で大きな音を出すと、何かにしがみつこうとします。ここからわかるのは、人間は皆、大きな音を聞くと怖いと感じてしまうということです。そのため、声の大きな外国人の話し方を『キツイ』と感じてしまうのだと思います」(内藤先生)

ここで一つ疑問が生じる。人間が皆、大きな音に恐怖心を抱くのだとしたら、どの国の人たちも静かな話し方になるのではないか。

「この性質は、基本的に生まれてから数カ月で消えます。その後は、育つ場所の文化的な影響を受けるのです。よって日本人は外国人と比較すると静かな話し方をする傾向がありますし、その逆も然りというわけです」(内藤先生)

当然だが、外国語を「キツイ」と感じたとしても、話している外国人に悪意があるわけではない。日本語と外国語の違い、あるいは日本と外国の文化の違いがあることを認識し、偏った見方をしないよう気を付けるべきだろう。
livedoor’NEWSより転載

心理士が警告!その「勉強しなさい」が勉強嫌いな子を作る!

「勉強しなさい」テレビドラマや漫画でもよく見られる風景です。皆さんも、「勉強しなさい」とお子さんに言ったことがあると思います。
実は、「勉強しなさい」と何回も言うと、お子さんを勉強嫌いにしてしまうということをご存知ですか?

­禁断を破った人たち

禁断を破った人たちについては、多くが寓話や小説になっています。例えば、浦島太郎は乙姫の言葉を守らずに玉手箱を開けてしまい、おじいさんになってしまいます。鶴の恩返しでは、絶対に機場(はたば)を覗かないで欲しいと言われていたにも関わらず、若者は機場を覗いてしまいます。
­
日本だけではありません、アダムとイヴは神様に「リンゴを食べてはいけない」と言われていたにも関わらず、リンゴを食べて、楽園を追放されてしまいました。そして、ロミオとジュリエットは禁断の恋をして逆に燃え上がってしまいます。
­
最近では、下衆の極み乙女のボーカル川谷さんとベッキーは週刊誌の報道にもかかわらず、燃え上がってしまいました。その後も芸能界では不倫報道が後を立ちません。「禁断」の恋は燃え上がるようです。人間は「ダメ!」言われると、どうしてもそのことをしたくなるのです。

禁止されると反発したくなる心理

このように、「絶対ダメ!」と言われても破ってしまう人間の心理はどのようになっているのでしょうか?
­
禁止されると、余計に禁止された行為をしてみたくなる心理のことをカリギュラ効果といいます。この心理は、「心理的リアクタンス」が関連していると考えられます。心理的リアクタンスとは、自分の自由が外部から犯された時に、自由を回復しようとする心理のことです。「遊んではいけない、勉強しなさい」ということを言われると、遊ぶという自由が侵害されたと考え、遊ぶ自由を回復させたいと考え、勉強したくなくなる心理です。
­
その他に、ロミオとジュリエット効果という心理効果がありますが、ロミオとジュリエットの恋が、周囲から反対されて、逆に燃え上がったことに因みます。ロミオとジュリエットは、宿敵の家の子供同士の恋愛を禁止され恋愛の自由が侵害され、自由を回復したいために逆に燃え上がってしまったということです。

遊びを制限されると遊びのことで頭がいっぱいになる

­
いきなりですが、「3」という数字を覚えないでください・・・。
そう言われると、この記事を読んでいる多くの方が逆に「3」という数字を覚えてしまっていると思います。
­
また、富士山を想像しないでください・・・。
この言葉に、多くの方が富士山を想像してしまったのではないでしょうか?
­
実は、私たちの脳は「〜しない」ということを理解できないのです。「3という数字」「富士山」という言葉を聞いただけで「3」や「富士山」をイメージしてしまいます。つまり、してはいけないと言われると逆に考えてしまうのです。
­
アメリカの心理学者ウェグナーの実験をご紹介します。
実験の参加者を3つのグループに分け、50分ほどの白熊の映像を見せたあと、各グループに次のように指示しました。
­
グループ1 「白熊のことを覚えておくこと」
グループ2 「白熊のことを考えても考えなくても良い」
グループ3 「白熊のことは絶対に考えないこと」
­
1年後、白熊の映像を覚えていたのは、どのグループでしょうか?
実は、絶対に考えてはいけないと言われたグループ3の参加者たちでした。人間は、禁止されると反発して、頭から離れられなくなります。遊びを禁止されると、遊びのことで頭がいっぱいになるのはこのためです。

褒められると成績は上がる

ある実験が行われました。子供たちを3つのグループに分けて、何回かのテストを行いました。Aグループは叱り、Bグループは褒めました。そして、Cグループは放置しました。
­
その結果、最初のうちはAグループの成績は良かったのですが、そのうち逆転してBグループの成績が良くなったというものです。つまり、子供の成績を上げたいなら、叱るよりも褒めたほうが良いということです。

子供を縛るのはNG

人間は自由を求めるもので、それは子供も同じです。子供のためだとしても、子供を縛ることは、反発の原因となります。「勉強しなさい」という命令のしすぎはよくありません。勉強嫌いにしたくなければ、「勉強しなさい」はほどほどに。
­
最後に、よく「自分は褒められて育つタイプ」といいますが、殆どの人間は、褒められて育つものです。文句を言うより、褒めたほうが育つものですよ。
­gooニュースより転載