Monthly Archives: 4月 2014

【求人】名古屋市立大学 人文社会学部 教授、准教授または講師(正規職員)(愛知県)

名古屋市立大学 人文社会学部 教授、准教授または講師(正規職員)(愛知県)

採用予定: 1名
平成27年4月1日~
応募資格: 修士の学位など
+臨床心理士
+3年臨床経験
選考予定: 面接
申込締切: 平成26年7月4日(金)
勤務内容: 教育心理学(学校臨床)
勤務条件: 不明
募集案内: http://www.nagoya-cu.ac.jp/human/item/1462.htm#itemid1462

【求人】西東京市 子育て支援部・子ども家庭支援センター 児童青少年相談員(非常勤)(東京都)

西東京市 子育て支援部・子ども家庭支援センター 児童青少年相談員(非常勤)(東京都)

採用予定: 1名
平成26年5月7日~平成27年3月31日
応募資格: 福祉心理など卒 など
選考予定: 平成26年4月26日(土)
面接試験
申込締切: 平成26年4月16日(水)
勤務内容: 子どもと家庭に関する総合相談
勤務条件: 月額195,300円
週5日勤務 社会保険
募集案内: http://www.city.nishitokyo.lg.jp/saiyo/soudaninboshu26.html

【求人】浜松市 相談業務(非常勤)(静岡県)

浜松市 相談業務(非常勤)(静岡県)

採用予定: 1名程度
平成26年7月1日~平成27年7月1日
応募資格: 臨床心理士・臨床発達心理士・心理卒
+自動車免許
選考予定: 平成26年5月15日(木)
書類選考・作文選考・面接選考・性格検査
申込締切: 平成26年4月28日(月)
勤務内容: 乳幼児の発達や育児に関する相談業務
勤務条件: 月額164,000円
週30時間勤務 社会保険
募集案内: http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/jinji/officer/hijyokin/documents/01shikaku-yoko.pdf

【求人】大阪市 生活困窮者自立促進支援モデル事業における職員(嘱託)(大阪府)

大阪市 生活困窮者自立促進支援モデル事業における職員(嘱託)(大阪府)

採用予定: 5名程度
平成26年6月1日~平成27年3月31日
応募資格: 臨床心理士・社会福祉士など
選考予定: 平成26年5月9日(金)
筆記試験・面接試験
申込締切: 平成26年4月28日(月)
勤務内容: 生活困窮者自立促進支援モデル事業に関する業務
勤務条件: 月額180,000円
週30時間勤務 社会保険
募集案内: http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000261146.html

講演会 自閉症と言語コミュニケーション―エビデンスに基づく新たな言語と社会のデザインへ― のお知らせ

講演会 自閉症と言語コミュニケーション―エビデンスに基づく新たな言語と社会のデザインへ―

日時:2014年5月6日(火)13:00-17:00
会場:東京学芸大学 S棟410教室 (小金井市貫井北町4-1-1)
プログラム:
講演1「ASD者の身体性に基づく社会と言語のデザインー当事者研究という取り組み」熊谷晋一郎先生 (東京大学)
講演2「Linguistic and social cognitive constraints on metaphor development in children with autism spectrum disorder (自閉症スペクトラム障害児の比喩発達に関する言語的、社会認知的制約)」Courtenay Frazier Norbury (Royal Holloway, University of London)

・事前申し込み必要(先着150名)

http://www.pragmatics.gr.jp/lecture.html

女性のアルコール依存が深刻化 断酒の支援、重要に

女性のアルコール依存が深刻化 断酒の支援、重要に
 アルコール依存症に陥る女性が増えている。女性は男性に比べて臓器が小さいなどの理由からアルコールへの耐性が低いとされる。若年層の患者も目立ち、妊娠・授乳期の飲酒による子供への悪影響など女性特有の問題も指摘されており、専門家は治療体制の充実や危険性の啓発を呼び掛けている。

■背景に社会進出

千葉県の宮田侑未子さん(64)が酒を飲み始めたのは10代。最初は興味本位だったが、就職すると酒量は増えた。20代半ばで結婚し、妊娠・授乳中も止まらず、周囲から「我が子と酒のどちらが大事なんだ」と叱責された。

幻聴・幻覚が現れて入退院を繰り返すようになり、30代後半の5度目の入院を機に断酒を決意。現在、アルコール依存症患者の自助団体、全日本断酒連盟(東京・千代田)の事務局で働く宮田さんは「当時は自制がきかなかった」と振り返る。

宮田さんのような女性は増える傾向にある。断酒連盟の女性会員は2013年度は9.6%で、10年前の1.5倍となった。厚生労働省の03年の推計では、アルコール依存症の女性は全国で約8万人。増加の背景には、女性の社会進出などがあるとみられる。

 

久里浜医療センターの真栄里仁医師は治療体制の充実を訴える
画像の拡大

久里浜医療センターの真栄里仁医師は治療体制の充実を訴える

アルコール依存症治療の中心的存在である久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)でも、女性の新規患者はここ数年高水準で推移。13年度は141人と全体の2割弱を占めた。中高年が中心の男性と異なり、20~30代の若い世代が目立つ。実際に厚労省が08年に男女別の飲酒率を調べたところ、20~24歳に限れば女性は90.4%で男性(83.5%)を上回る。

アルコール依存症のリスクは、性別も影響する。久里浜医療センターの教育情報部長、真栄里仁医師によると、アルコールの分解能力は肝臓の大きさに比例するが、女性の臓器は比較的小さい。脂肪が多い半面、体内の水分が少ないため、急性アルコール中毒にもなりやすいという。

ビール換算で1週間当たり2~4リットルという男性ならさほど問題ない量でも、女性が摂取し続けると肝硬変などのリスクが高まる。厚労省によると、習慣的な飲酒開始からアルコール依存症になるまでに男性は20年以上かかるとされるが、女性は半分程度の期間で依存症になるケースがある。

妊娠や授乳への影響も深刻だ。胎児や乳児にアルコールが流入、成長障害などの症状が出る胎児性アルコール症候群のリスクのほか、最近の研究では、発達障害の一つ「注意欠陥多動性障害(ADHD)」との関連も指摘されている。

■少ない治療施設

アルコール依存症は酒の飲み方を自分で制御できなくなる精神疾患だ。専門機関で治療し、生涯にわたる断酒の徹底が必須。治療法も徐々に進んでおり、昨年には脳に直接作用して飲酒欲求を抑える新薬「レグテクト」(日本新薬)が発売された。患者163人を対象にした臨床試験の結果、47.2%が完全な断酒に成功。久里浜医療センターでも治療の柱に据えている。

 

画像の拡大

 

ただ、女性を対象にした治療施設の整備は十分とは言い難い。女性特有の問題を踏まえ、最新の研究に基づいて適切なカウンセリングを行うなどの対応ができる治療機関は久里浜医療センターをはじめ、全国に数カ所しかない。

女性のアルコール依存症については、男性以上に周囲の偏見が強く、受診や治療に二の足を踏む患者も少なくない。同センターでも専用病棟はなく、男性患者に交じって診察を受けている。真栄里医師は「女性患者は子供への影響などの問題を抱えるが、医療体制は質・量ともに追いついていない。早期の総合的な取り組みが必要だ」と訴える。

断酒を続けるために重要な自助団体でも、男性の前で自らの体験を語ることに抵抗感が強い。女性だけが集まって体験を語り合う方法が推奨されており、女性に限定した自助グループの増加が期待されている。

 

◇            ◇

 

■対策基本法成立 「病気」認知へ一歩

飲酒による健康被害を減らそうと、国が治療体制の充実や達成時期を明確にした基本計画を作ることを柱とする「アルコール健康障害対策基本法」が昨年12月に成立した。

アルコールの多量摂取などによる健康障害が、虐待や暴力、自殺などの社会問題と密接に関わると指摘。国に不適切な飲酒を防ぐための基本計画策定を義務付けた。依存症患者の社会復帰や、家族の支援に必要な施策を講じることも明記。メーカーや販売業者にも協力を求める幅広い内容だ。

依存症患者の相談を受けるNPO法人「アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)」は同法の成立に尽力。今成知美代表は「依存症は病気である、と社会に認知されれば患者や家族の救済が進む」と指摘。その上で「女性は依存症に陥りやすいだけに、新法は現状に歯止めをかける根拠になり得る」と話す。

(平野慎太郎)

 

[日本経済新聞夕刊2014年4月24日付]